読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S!D!E!

キンプリみたのでプリリズRLマラソンします。感想ブログ。中の人はヒロ様の黄薔薇になりたいハロオタ

あんとわかな

あんとわかな。正反対なようで似ている二人。この二人、キンプリの時間軸ではデュオグループとして活動しているのを知っているので、序盤は険悪(というか一方的にわかなが突っかかっていってる感じ)でどうなるのかなあ、とハラハラしながら見ていました。
23話の過去編を経て、最終的に和解できたのでよかったなあと。

わかなは、あの子はほんとに賢い子だと思う。おとはとはまた違った意味で周りをよく見ている。
自身がひねくれているのを自覚しているから、嫌われ役を買って出ることもあるし。
それで、ちゃんとしなさいって言われる家庭環境。そりゃあ、頭が良いなら先読みだって出来てしまうし、先読みしてリスクがわかってしまって、親の言う『ちゃんとする』が達成できないかもしれない、って判断しちゃったら、そりゃああもなるな、って感じですよほんと。
だから、リスクがあるのに馬鹿みたいに突っ込んでいく(ように見える)あんのことを、ああいうタイプの子、大っ嫌いなんだよね、って言っちゃうんだ。嫌いは好きとか羨ましいの裏返しだったりするから。わかなの性格からしても、あんちゃんみたいにがむしゃらに突っ込んでく、っていうのはたぶん出来ないだろうから。
デュオを組んだ時、おそらくその性格の反対さがうまい具合に作用するんだろうなと思う。あんが引っ張って、わかなが冷静に状況判断していく感じで。ウワーッ!いいコンビ!さすがシンメ!

転校前、わかなにとっては最後の発表会。
本当は自分が立つはずだった憧れのセンターにあんちゃんが立ってて。小学生だったわかなは熱を出して寝込んでいたことも忘れてあんちゃんを恨んでしまうほどショックだったんだなあ…それだけあの舞台の上に立つことを楽しみにしてた。
それが23話で数年越しに達成されて、いやもほんと良かった。
しかもな~~~衣装もあの発表会の時のお洋服で、ひとつめのジャンプがいつものエスニックスプラッシュじゃなくて、思い出のハートスプラッシュだからもうほんとなあ;;;
この二人が数年後デュオユニットとして活躍してるかと思うとまじで胸が熱い;;;(尊さに合掌する顔文字)
デュオ大会編も楽しみだなあ。監督のデュオユニットの解説読んだんですが、あんわかなは非常にレベルの高いユニットだっていう話をしてらして。二人とも手足が長く頭身が似ていて、技術レベルも高い。デュオ大会で一つ上のべるなるに1000点差まで迫ってたのは、表現力が高いからって話があってアアア~~~(合掌) 私の後ろは任せたよ系背中合わせシンメかな!?!?!?シンメだ!!!!

25話の、おとはとわかなが待つ控え室にヒロ様が来て、べるがフランスに行ってしまう!って話をした時。
それまでのわかなだったら、もう間に合わないよ、とか、私たちが行っても引き止められないよ、って言っていたような気がする。でも、おとはに思ってもないことを言っちゃいけません!って叫ばれて、じゃあ行こう、ってすぐに立ち上がったのには、わかなの成長とべるへの深い愛情を感じた。
それに、おとはもちゃんと言いたいことを言えた。あのシーンはわかなだけなじゃくておとはも成長も感じられたシーンだと思う。
あんちゃんもあんちゃんで、トリオ大会の時モモが言っていたように、自分と違う意見の人がいることを知る、自分が絶対正しいと思うことをやめる、ちゃんと謝るときは謝る。それができるようになって、ひとまわり成長したんだなあ、と思う。

トリオ大会のとき、プリズムショーの楽しさを教えてくれたのはあんだけど、仲間の大切さを教えてくれたのはべるだ!ってプリズムライブをきめたのほんと;;;尊いしか言葉が出ない

でもなあ、おとはとわかなが、べるからもらった愛でプリズムライブを成功させたのに対して、皮肉なことに、それがますますべるを追い込む結果になったのは、もうほんとに見ててつらかった。24話のあたりですね。それはまた別にべる様のエントリ立てるのでそちらで語りますが、あれ、女児向けで、やるのかあ……って……つらい……