読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S!D!E!

キンプリみたのでプリリズRLマラソンします。感想ブログ。中の人はヒロ様の黄薔薇になりたいハロオタ

ヒロ様が絶対アイドルであることについて

ヒロ様が絶対アイドルであることについて

コウジとヒロ様、2人が跳んでるジャンプの意味考えるといろいろくるものがあるのでエントリー書きました。


胸きゅん体験:恋してます宣言

無限ハグ:皆から愛されるし、皆を抱きしめられるけど、たった一人の誰かは抱きしめられない(でしたっけ?って監督が言ってたっていうのをどこかで見かけた)


という意味合いで認識してるので、それ前提で書きます。

認識違ってたらごめんね。


これ、絶対アイドルのヒロ様が無限ハグでアーティストのコウジが胸キュン跳ぶっていうの、

ほんとヒロ様絶対アイドル;;;;;ンアーーーーー;;;;;

って気持ちになる。

コウジが胸きゅん跳ぶのはラブリー属性だからだよってもっともな理由は置いとくとして、

なぜヒロ様は恋してる宣言の胸キュンを跳ばないかって、それは『絶対アイドル』だからなんだろうなあ、と。


そもそも、アイドルはなぜ恋愛禁止なんでしょうか?


これ、何度も交わされている議論なんですが

疑似恋愛を売りにしている側面があるから、と私は考えています。


私個人としては、アイドルに彼氏や彼女がいたって本人が幸せならそれでいいんじゃないかなあ、と思っています。

ただ、それが原因で叩かれたりするのを見たくはないので、いてもいいからうまく隠して、というところです。


宮本佳林ちゃんの言葉を引用しますが、彼女はアイドルはなぜ恋愛してはいけないのか、という問いに、


「人間て、どこかで平等だっていう話を聞くんですけど、アイドルはやっぱり 

(ファンの)みなさんにたくさん愛をもらっているので、 

さらに特定の方からの愛ももらうと、人よりも愛の値が上回っちゃう。 

それではみなさんと平等にならない。だから、愛をもらっている分、 

アイドルとして我慢をしなきゃいけないんだと思います。」── 宮本佳林


と、答えています。


『アイドル』であるヒロ様も、同じようなこと考えてるかもしれないんですよねえぇ。

絶対アイドル愛NGとか、僕はみんなのものだから…♡って言ってるように、

ヒロ様もまた、皆に愛を振りまくし、皆からの愛を貰うけれども、

皆のものってことは裏を返してしまえば誰のものでもない、とも言えるんじゃないか、って。

だから、ヒロ様が跳ぶのは胸きゅん体験じゃなくて無限ハグなのかな…と。

ああでも、無限ハグはべる様やコウジ、カヅキ先輩、お母さん、仁さん、聖さん…みんなのことを抱きしめられるからそれはそれで良いのか?

なんかもうよくわからなくなってきた。


ももちが事務所からやめろと言われ続けながらもかたくなにももち結びをほどかなかったように、

王道アイドルでいることはなかなか大変なことです。

(中にはそれを素で出来ちゃうナチュラルボーンアイドルタイプの人もいますが)

王道アイドルでいることは、トンチキだと思われようが周りから何を言われようが、

自分はこういう存在でありたい、という理想と強い意志を持って、それを実行していく、ってことなんだと思うんですが。

その中には恋愛禁止も含まれているのだろうな、と。


ヒロ様は意識が高い人だし、実際にやってのける能力もある。

ドル売りをしている限りはアイドルで居続けてくれるんじゃないかと、勝手に思っているのですが。


だからヒロ様が胸キュンを跳ぶとき、つまりたった一人の誰かの手を取るときは、

すなわちアイドルを降りるときなんだろうな…

と、思う次第です。


なんかよくまとまらなかったけど絶対アイドルのヒロ様尊い😭🙏(天を仰ぎ合掌する顔文字)

って言いたいだけです